<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
a naughty anpanman
a0152148_2242095.jpg

BGM♪ Virtual insanity / Jamiroquai


好きこそものの上手なれ。

昔から「機械イジり」が好きであった。小学校からの帰りしなにゴミ捨て場から壊れた時計や炊飯器、ラジカセなどを
拾ってきては、くまなく分解して庭先を散らかしてみたり。はたまた、愛犬住まう犬小屋に、油まみれた
それらの部品をコレクションしてみたり。ばらした部品を組み合わせて、まったく意味不明な機械らしきもの
を作ってみたり。そして、それを愛犬住まう犬小屋にコレクションしてみたり。

母親泣かせの分解・蒐集癖を遺憾無く発揮していた私だが、それが幸いして、自慢ではないが機械イジり
にはそこそこの自信がついていった。

中学生のころには、近所でも「機械が得意な少年」ということで少々名が知れ、やれビデオデッキを買ってきたが
繋ぎ方がわからん・・・というお宅に呼ばれて繋いだり、やれ扇風機が回らなくなった・・・というお宅に呼ばれて
分解修理してみせたり。挙句の果てには近所のオバサマたちから、当時流行っていた「アッシー君」や「貢ぐ君」に
ちなんで「繋ぐ君」(電気コード類を自在に繋ぎ操るから)と呼ばれたりして、何かと重宝がられていた。

そんなこんなで今に至り、昨今でもよく機械に関して頼られることが多い。今どき多いのは、やはりパソコン
のトラブルである。一般家庭に於いて、機械が苦手な人にとって一番厄介なのがパソコンのトラブルであろう。
ブラウン管テレビや洗濯機なら、必殺の空手チョップや回し蹴りをお見舞いしてやれば、それでケロリと直って
しまったりするカワイゲがあるのだが、繊細な電子部品の集合体たるパソコンともなると、そんなものお見舞い
した日には真っ二つになってしまう。

これは人間にも言える。頑丈単純なボブ・サップが珍しく風邪をひいたとする。そんなボブを極寒の日本海
にでも放り込めば、荒治療効果覿面に本懐し、そのままウラジオストクあたりまで泳いでいってしまうかもしれない。
はたまた、繊細虚弱な太宰治が毎度の様に風邪をひき、炬燵で猫の様に丸くなっていたとする。そんな
太宰を引きずり出して玉川上水にでも放り込めば、荒治療効果応報に鬱ぎこみ、そのままぶくぶくと
沈んで逝ってしまうかもしれない。

実際、遅い動きに憤慨して、ショック療法の正拳突きを喰らわせたら、
パソコンがウンともスンとも言わなくなって逝ってしまった可哀相な人を、私は知っている。

仕事の片手間で、そんなトラブルを抱えたパソコンを直したりすることが多いのだが、先日、友人のパソコン
を直した際にこんなことがあった。

その友人A(男・独身・30代)は、パソコン・・・というか、機械全般に於いてその仕組みや管理に疎く、使い放し
で「メンテナンス放置状態」のノートパソコンの調子が悪いと泣きついてきた。見てみれば、そのパソコンの
動作は、足かせを嵌めた亀の様に遅く、百日紅の木の上で泥酔した猿の様に不安定であった。

一通りのメンテナンスをしても動作が重たいので、インターネットなどから感染するウイルスやスパイウェアを
疑ってみると・・・それらを監視するセキュリティソフトが、とうの昔に期限切れになって停止しており、
何の用も成していなかった。しかも、何故かそんな意味のないセキュリティソフトが三つも入っていた。

呆れ果てて本人に、なんでこんな状態なのかと問いただすも、意味がよくわからないという。
まぁ・・・よくわからないから、私の助け舟を求めたのであろうが。

さっそく新しいセキュリティソフトを導入し、感染を検索してみると・・・でるわでるわ。
パソコンの動作に悪影響を及ぼすスパイウェアやウイルスたちが、未曾有の大漁であった。

Aのパソコンの状態を四畳半の部屋に例えると、ゴミや洗濯物、古雑誌や空瓶、男臭い万年床に煎餅布団、
こぼれてそのままのカップラーメン・・・などなどが散らかり放題(いらないデータが多い)な上に、
ゴキブリ(ウイルス)だらけである。ゴキブリホイホイ(セキュリティソフト)は三つも置いてあるのだが、
その中のベトベトの部分はすでに隙間なくゴキブリで黒々と埋まって用を成さなくなっており、ただの
「ゴキブリのいっぱい入った箱」と化している。そんな感じだ。

私くらい少しパソコンの分かる者が見れば、Aのそれは、いささか見るに耐えない状態のシロモノであった。

四苦八苦して散らかった部屋を片付け、邪悪な大量のゴキブリ達を撃退して、どうにか速くて安定した動作で
使えるようにしてやると、Aは驚くほど狂喜し、さっそく快適になったパソコンの動作を確認し始めた。

のだが・・・

あろうことか、インターネットで海外発信過激的猥褻動画項をつらつらと紐解いて動作を確かめているではないか。
しかも、パソコンに滅法疎いくせに、猥褻項に限っての操り方と詳しさと無駄のない動きの神がかり的な
ことといったら、まるで水を得た魚。筆を得た弘法。金棒を得た鬼。顔を得たアンパンマン。

先ほどまで、懸命にパソコンをメンテナンスする私の脇で胡坐をかき、興味無さ気に、のんべんだらりと魂を天井あたり
まで抜いてポケ~っとしていたこの男が、今や目に一点の曇りもなく、心なしか知的な眼光を点らせて、
マウスさばきも鮮やかにパソコンを操作している。その姿だけ見れば東大卒のエリートが、ノートパソコンで
仕事をテキパキとこなしている様な趣がある。画面に映っているのが、淫靡極まりない桃色風景であるのが
非常に残念だが。

男性諸君なら誰でも身に覚えがあるであろう。初めてのインターネットで桃色な秘め事を成そうとし、
そこかしこに張り巡らされた罠に痛い目に遭い、買ったばかりのパソコンが毒牙に曝され調子が悪くなる。
そこで大概二者に分かれるものだ。痛い目に懲りて二度とインターネットの桃色世界に手を出さなくなる者。
または、恐れよりも本能が勝り、試行錯誤で桃色世界の卑劣な罠と戦い、知らぬ間にパソコンにも強くなっている者。
もちろん私は後者だが、Aの場合はどちらにも属さない稀有な存在だ。彼は、本能の赴くまま、強引且つ大胆に、
機械音痴もなんのその、と突き進んだ結果、桃色世界の強者と成り得た。しかし、パソコンには全然強くなれなかった。
そしてなろうともしなかった。当然の結果、パソコンはゴキブリだらけの廃れ四畳半と相なった訳である。

大切な相棒たるパソコンに対する知識を身につけ、もう二度と粗末に扱うべからずと釘を刺したのだが、
人には得手不得手があるのは否めない。
ならばせめて、またしても懲りずにゴキブリを繁殖させてしまった四畳半から、間違ってもカードで
アマゾン川に流れる品々のお買い物などしない様にと祈るだけである。

急に冷え込んで、見事に風邪っぴきな今日この頃である。

model : yuya tsuruta
[PR]
by hideet-seesaw | 2011-09-25 22:21 | photograph
river sprite
a0152148_0593116.jpg

BGM♪ Cavatina -theme from the movie "The Deer Hunter"- / Kaori Muraji


今でこそ「あきる野の泳ぐフェラーリ」と、他称はないので自称するほどの水泳好きである私だが、
実は物心ついた頃には、水が怖くて泳げなかった。

私の父という人は、高校時代に水泳部の主将を務めたほどの水泳狂いで、当時、泳げない私をどこかの
プールに連れて行っては、ものすごく高い飛び込み台からモモンガの様に跳んで見せたり、激流の秋川渓谷上流に
連れて行っては、ビーバーの様に潜って見せたり。はたまた、水泳部時代の父が、卑猥なほど小さな競泳水着で
筋肉をムキキっとさせた、自画自賛な白黒写真を引き出しの奥からゴソゴソと出しては見せつけたり、
今は亡き「アイドルだらけの水泳大会」を観ながらストップウォッチでアイドル達の50m競泳タイムを計り、
「郷ひろみよりも、俺の方が速い・・・ふふふ」などと、これ見よがしに呟いてみたりと、
「水泳できるとカッコイイんだぜ」と執拗に私にアピールしていた。そして、男たるもの泳ぎのひとつも出来ない
なんて、カッコ悪いしモテないんだぞ・・・みたいなことを訥々と私に語って聞かせていた。

しかし、怖いものは怖い。近所を流れる東京で一番美しい秋川渓谷も、浅い所は鮎や鮠の泳ぐ姿が、木漏れ日に
輝く水面から垣間見えて美しく、幼心に水辺の趣が大層好きであったが、黒洞々たる流れ淀んだ深い淵は、
見るだに恐ろしく、側にゆくだけで戦々恐々として足が竦んでしまったものであった。

そんな、あきる野っ子にあるまじき貧弱気弱な私に業を煮やした父は、ある日突然、なんの前触れもなく
問答無用の強硬手段に出たのであった。

ある夏の日。父は私を「山に行こう」と誘い、愛犬と共に車に乗せて山へ向った。郷土料理屋を営む父が、
私を連れて食材の山菜やキノコを採りに山へ行くことは別段珍しいことではなかったので、その日も喜び
付いて行ったのだが、山の奥深いところに着くや、川の流れの深いところに突然私を放り投げたのだ。
父は私を放り投げながら「溺れても大丈夫だ!俺が助けるから頑張って泳いでみろ!」的なことを叫んで
いたが、私は正直「俺、死んだ・・・」と思ったものだ。案の定溺れる私を、後から飛び込んできた父は救い
ながら「暴れないでじっとしていてみろ。浮かぶから。」と言い放ち、ついでに手も放ってしまうので、また溺れた。
一緒に来ていた愛犬が、そんな様子を川べりでヘラヘラと笑っているように見えたのが、やけに印象に残っている。

その日、結局溺れて水をしこたま飲んだだけの私は、父が「よく頑張ったな」などと褒めてくれたが、
イジけにイジけて、川砂利にわれ泣きぬれて沢蟹とたはむれた。

その数日後。いつもなら保育園に行く時間に母が「お父さんが、今日は保育園休んでいいってさ・・・」
と言ってきた。本来なら思い掛けないホリデーに喜ぶところだが、数日前の傷心を引きずっていた私は、
その日の母の表情に一種異様なものを動物的な勘で敏感に感じ取り、子供部屋のタンスの中に隠れた。
事情を知っていた母はポーカーフェイスのつもりであっただろうが、強引な父のやり方を心配する母親の情
が表情に出ていたのだろう。そして、潜伏空しく私は他愛もなく父に見つかり捕獲され、「今日は浮き輪を
していいぞ」とダマされ、それなら楽しそうだと、他愛もなくサマーランドに連行されて数日前と同じ憂き目に遭った。

しかし、散々な思いをしつつも、その日を境に私の中から水への恐怖が嘘の様に消え去り、息を止めて潜ったり、
ヘタクソな犬カキで泳ぐことが出来るようになったのだ。その日、父は泳げない私を叱ることはせずに、
「お!今一瞬潜れたじゃないか!」とか、「お前はバタ足は最高に上手いな~」とか、小さなことを褒め
まくってくれたのだ。それがなんだか嬉しくて、必死で溺れ泳ぐうちに、水と戯れるのが楽しくなっていたのだった。
おまけにサマーランドからの帰りしな、お土産売り場で「秀人。今日は頑張って泳げるようになったから、
なにか好きなものを買ってやる」と言い、ブルドーザーのミニカーを買ってくれた。
今思うと、なんとも分かり易い「飴と鞭」である。大人になってから、そのときの事を父に訊ねると、
「まぁ・・・泳げるようになったんだから、いいじゃねーか。あはは」と答えた。

「獅子は我が子を千尋の谷に落とし・・・」の諺を見ると、この時のことがいつもありありと思い浮かぶ。
あきる野っ子は小学生にもなると、夏休みは朝から晩まで飽かず秋川渓谷で河童の様に泳ぎまくり、
皆真っ黒に日焼けして過ごしていた。そんなあきる野っ子の友達たちには、私の知る限り、
泳ぎの苦手なヤツは誰一人としていなかった。

私は、獅子の様な父のおかげで河童になった。

photo : from "Kagetsu Bridge" Akiruno 2009.9
[PR]
by hideet-seesaw | 2011-09-12 01:43 | photograph