<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
like golgo13
a0152148_225457100.jpg


BGM♪ Waltz For Debby / Bill Evans


初夏の昼下がり。あきる野市の田園をバイクに乗り気持ちよく走っていると、並行する向こう側の畦道を
長身痩躯のひとりの老人が、麦わら帽子に杖をつき、のんびりと犬の散歩をしていた。

空は抜けるよな青い空。陽炎立つ新緑の稲の中を、ゆっくりゆっくりと老人が行く様を見て、
嗚呼・・・日本の夏の良き風景かな・・・。などと、バイクを停めてしんみり眺めていた。
そんな何気ない日常の風景にも目を留める。そんな心にゆとりある日でした。

やがて老人は畦道を折れ、こちらに向かってやってきた。
とても穏やかな顔をした80歳半ばくらいの老紳士である。
思わず「暑いですね~」などと話しかけてしまおうかと思ったその刹那、
私の視線は彼の胸元に止まった・・・。

" KEEP BACK 500 FEET !! "  ※俺から500フィート離れろよ! 凸(- -メ)

ゴツいアルファベットでそうプリントされた、かなりファンキーなTシャツを着ていらした。
穏やかな昼下がりの老紳士のイメージが、一瞬にしてパンクなじいちゃんに・・・。
放射能でも出していらっしゃるのか・・・?

おそらく・・・孫のTシャツでも着てきてしまったのだろう。私のイトコもとある雪の日、
当時女の子に大人気だった、もこもこした「シープスキンブーツ」をおじいさんに履いて行かれて、
「こりゃ~ヌクくていい長靴だわぃ。」と喜ばれたそーな。
そんなたぐいの愛すべきお爺さんと孫のいるご家庭を想像し、なんだか自然と笑ってしまう
昼下がりでした。。。

photo ni-jima 2009
[PR]
by hideet-seesaw | 2010-07-07 22:56 | photograph
in those good old days
a0152148_2354385.jpg


BGM♪ Vanessa Paladis / just as long as you are there


最近風呂にハマっている。家にある普通の風呂はもともとキライじゃないが、最近好きなのは
どの郊外の町にも一つはある「温泉施設」というヤツである。
近所から来たのであろうオジサマ達(私もその一人だが)に混じって、サウナに入って
みたり、ジェットバスでコリをホグしてみたり、手ぬぐいでまたぐらを「ぱしーん」として
みたり。

昨日も仕事のあと体から湧き出る汗垢加齢臭雑菌黴菌ヒデト菌などを払拭すべく、
一番近くの「湯楽の里」昭島店にのほほんと出没してみた。

心地よい湯煙のなか、ゆったりと首まで浸かっていると、小学一年生くらいと思しき
少年が湯船を漕ぎ漕ぎ私に近づいてきた。こういった大浴場では子供が縦横無尽に
すい~すい~と湯船で遊ぶのは、ままあることであるので、特に気にせず「ばばんばばんばんばん
はぁ~びばのんの」と浸かっていた。

と、その少年、湯船に伸ばした私の足に背中を向けて乗ると、やおら私の胸に寄りかかってきた。
んん?人恋しい少年なのか?子供の動きはしばし予測不能なものなので、なすがままに
しばらくじっとして放っておいた。すると「ねぇパパ。あとでアクエリアス飲みたいな~」
って言う。ははぁ・・・私をパパと間違えたか少年。面白いのでこう答えてみた。

「100数えたら出ようね」

案の定、はっ!っと振り向き私の顔を認めるや否や、驚いたハニワ顔で潜水艦から発射された
魚雷よろしく湯船をスッ飛んでゆき、コケつまろびつ父を探して消えていった。

横で見ていて事情を察したおじさんが、あっはっは!と風呂中に響く笑い声をあげた。

そう・・・気になるのがその子の父親のツラである。出しなに浴場をぐるりと探してみれば、
仲良く親子して流しで体を洗っていた。そのパパさん・・・なんとなく俺に似てる・・気がした。

かく言う私も、幼き頃母に連れられて行ったデパートで、母と間違え知らない女性に話しかけ
ながらついて行ってしまったことがある。何日かは思い出しては悶えるほど恥ずかしかった
記憶がある。

さて・・・私が本当の父親となれる日はいつのことやら・・・。

photo fussa "Galapago"
[PR]
by hideet-seesaw | 2010-07-02 00:17