「ほっ」と。キャンペーン
a lovely galapagos island
a0152148_21503134.jpg

BGM♪ In My Life / The Beatles


昔の漫画に出てくる21世紀の人々は、なんだかノッペリつるつるとした、体にぴったりの服装をしていた。
しかし現代人を見ても、服装など当時と殆ど変わらないどころか、わざと時代を逆行さえする。
唯一、漫画通りに服装の進化を遂げているのは、レディー・ガガ様くらいのものであろう。
そんな、手塚治虫も藤子不二雄も予想し得なかった現代の進化に「インターネット」がある。

「超ド級」のつくアナログ夫婦たる私の両親(※参照analog color)のもとに、ついにインターネットがやってきた。

もとい。私が、緩慢と時代に取り残されつつある東京の片田舎に住むアナログ夫婦に「旋風」を起こすべく、
「インターネット」という名の刺客を送り込んだのだ。

要するに、彼らが唯一操れるデジタル家電である「東芝レグザ」で、インターネットが見られるようにしたのだ。
最近のテレビはネット回線を繋げばインターネットが見られる機種が多いので、これを利用しない手はない。

以前から両親に「インターネットを活用すべし」と薦めていたのだが、「パソコン怖い」の一点張りで
取り付く島もなかったのだが、昨年購入した液晶テレビの操作もようやく慣れてきた頃合であるので、
本日、半ば強引にテレビでインターネットを見られる環境を導入してみた。

インターネットという賽は振られた。後は彼らがそれを使うか否かで、時代遅れのわが高水家の今後は決まる。
落雷に燃え上がった炎を、怖がりながらも「利器」として使いつつ進化を遂げた原始の人類の勇気を、
我が愛すべき「超ド級アナログ夫婦」に与え給え。

東京のガラパゴス諸島と化した我が生家のこれからの進化を、ダーウィンの様に見守ってゆこうと思う。

そんなたった今、母から電話があり「秀人。”ウィッフィー”ってものを忘れてったよ。」と言うのである。
・・・うぃっふぃー?「ミッフィー」なら知っている。口がバッテンになっている愛らしいウサギのことである。
しかし「ウィッフィー」は、生憎知らない。

「なに・・・ソレ?」と訊くと、「なんかの機械だと思う。小さくて丸っこい。ウィッフィーって書いてある。」と言う。
その情報で分かった。モバイル回線「イーモバイル」の端末器を忘れたのだった。でも・・・ウィッフィー・・?
少し考えて、これも答えは出た。「Wi-Fi(ワイファイ)」のことであろう。そのまま読めば、確かにウィッフィーだ。
「これなに?」と電話越しに訊いてくるのだが、彼女にとって未知の領域であろう機械なので、
悪戯に刺激しても悪いと思い、答えなかった。正直に言うと、説明するのがメンドくさかった。

落雷の後に燃え盛る炎を、おっかなびっくり勇気を出して使ってみようとしている原始のヒトタチの所に、
チャッカマンを置いてきてしまった様な心境である。反省している。反省しつつ、爆笑する。

ともかく、Mr,Childrenの大ファンである母は、これで彼らのホームページなどもチェックできるし、
最近体調がすぐれず、一日の殆どをテレビの前で過ごす父にも、少しは良い刺激になればと願う。

デジタル機器にどっぷり浸かりながらも、実家の壁に消え残る昔描いた落書きを眺めつつ、
機械はデジタルに進化しても、人間はアナログ的なままの方がいいな・・・と思った今日この頃である。

photo: June, 2009 mitaka
[PR]
by hideet-seesaw | 2011-11-17 21:15 | photograph


<< cold blast old man winter&... >>