boy's dreams wander the withered fields.
a0152148_16233795.jpg


BGM♪ This boy / The Beatles


遠足の前日。お菓子は先生に言われたとおり300円までにきっちり抑え(※バナナは別)、
弁当には大好物の唐揚げと卵焼き、海苔を挟んだご飯も母に頼み、水筒の中身はポカリの粉末を溶くための水だ。
ポカリの粉末はお菓子に入らないと勝手に判断する。そのまま舐めれば、ちょっとしたオヤツにもなるので便利なヤツなのだ。
リュックのポケットには、愛刀「肥後守」(※折りたたみナイフ。当時は駄菓子屋などで300円ほどで売っていた)をしのばせる。

遠足の場所は東京都下の日の出山。元旦に父とその山に初日の出を見に登った折に、山頂にある杉の木にナイフで
「ひでとさんじょう!1985ねん がんじつ」の文字を入れておいた。この遠足のときにクラスメイトたちに
「オレよう、この山初めてじゃないンだぜぇ~。証拠だってココに。ほらな。ふふふ。」
と自慢をやるための仕掛けだ。抜かりはない。

峰続きの御岳山への山道も覚えておいた。「こっちにゆくと御岳山っていう、山の上の町に出るンだぜぇ~」
とか、知ったかぶりをするためだ。カンペキだ。

山道脇の篠竹を使い、リュックにしのばせた愛刀肥後守で得意の「篠鉄砲」でもチョチョイと作り、
人気者になってやろう。オレ、サイコー。

これで、遠足当日は男子生徒たちから「おめー、こんな高い山のこといろいろ知っててすげーなー」
との感嘆の声を、そして女子生徒たちからは「ひでとクン、山のことよく知っててステキ!」と
黄色い歓声を浴びること間違いない。たちまちクラスの人気者だ。タマラン。

遠足の数日前からそんなバカな妄想を暴走させ、ひとり夜な夜な布団の中でほくそ笑んでいたのだが、
あまりにハリキリすぎて興奮したものだから、前夜はロクすっぽ眠れず、遠足当日は寝不足で体調最悪になる。
喜び勇んで元気に登るクラスメイトたちの遥か後ろの方で、ぜえはあ喘ぎながら、愛刀肥後守でどうにか作った
杖を頼りにヨロヨロと登る。やっとの思いで山頂に着くと、疲労が祟って、朝食べた味噌汁ぶっ掛け生卵ご飯と
アジの開きを嘔吐し、引率の先生たちを仰天させ、同級生たちを恐慌に渦に陥れた。
おまけに、文字を彫りつけておいた杉の木がどれなのかわからなくなり、元旦の仕掛けは哀れ徒労に終わる。

華やかに展開予定していた「山を知る少年。クラスの人気者になる!の巻き」は敢え無く消え去り、
代わりに「バテでゲロ吐いて真っ青な顔した少年。クラスの厄介者になる・・・の巻き」な一日が沈鬱と幕を閉じた。

あれだけ楽しみにしていた遠足も、自らの先走った妄想が招いた極度の興奮により、体力、精神共に消耗し、
いざ本番で惨憺たる結果となる。
勉強もできず、ファミコンも持っていない稚拙なコンプレックスを抱えた少年は、普段駆け廻って
いる山や野のフィールドなら一目置かれる存在になると確信し、バカなりに緻密に計画を立てて、
本番でコケる。今になって考えれば、奔放な野生児を自称しているクセに、なんと姑息な計画を立てたものか。
そんなカワイゲのないアホな計画は、見事に玉砕してくれて本当に良かった・・・と、つくづく思う。

しかし実はこの現象、今でも残っている。数ヶ月前から計画していることなど、あれやこれやと考えすぎる。
そしていざその日になると、もうすっかりくたびれ果ててしまって、楽しみが半減してしまったりするのだ。
まことにもって損な性質である。
高価な栄養ドリンクを飲みすぎて腹を壊したような、本末転倒でやるせない気持ちになる。

私の母親も似たような性質を持っており、家族で楽しみにしていた旅行の出立の朝などに、
いきなり「やっぱアタシはやめようかしら・・・なんだか気分が・・・」などと言い出したりする。
本人も楽しみにしていたのに、だ。そんな母のドタキャン発言は度々あり、楽しい気分を問答無用に
一刀両断にする鋭い切れ味を持っているので、家族の間では「母さんの”伝家の宝刀”」と呼んでいる。
そんな母を有無も言わさず連れてゆけば、結局ケロリとして「来て良かったワ」などと言う。
私と同じで、あれやこれやと旅行中のことを考えすぎて、行く前に疲れてしまうのだ。
ちなみに今は亡き母方の祖父も、切れ味鋭い伝家の宝刀「妖刀ドタキャン丸」を持っており、
懐に忍ばせたその刀で、やおら見事な居合い抜きで、スッパリと「当日ドタキャン切り捨て御免」
の得意技を、老人会旅行の観光バスに乗る寸前などで「不整脈の調子が悪くて・・・」などと、
茶飲み仲間の老人達に放ったものだった。楽しみにしていたのに、だ。

この祖父、若い頃はバイクをこよなく愛し、写真を撮ることを趣味とし、音楽が大好きだった。
私とまったく同じような趣味嗜好であった。もとい。私が祖父に似たのであろう。性格も含めて。

石橋を「10t」と書いてあるハンマーで、これでもかとガツンガツンと叩きまくった挙句、結局渡らないで引き返したり、
安全なその石橋から自ら足を滑らせ落下するようなその性格は、私の血筋なのかもしれない。

私にいつか子供が出来たら、その子も幼稚園の遠足バスに乗る寸前に「今日はなんだか行きたくない」
などと言い、挙句にゲロを吐いてしまうような子になるのではないか・・・と、未だ独身のクセにいらぬ心配を募らせて、
これからも私の血筋に連綿と受け継がれてゆくであろう伝家の宝刀を、図らずも砥石にかけて磨いてしまっている今日この頃である。


photo yokohama March, 2008
[PR]
by hideet-seesaw | 2011-05-24 16:51 | photograph


<< paranoid person clunky rider >>