chacun a son gout
a0152148_22525485.jpg


BGM♪ Prelude Op.28-13 / Frédéric François Chopin


本が好きである。

小説、随筆、漫画、哲学、歴史・・・などなど、ジャンル問わず何でも読む。

私の亡き祖父という人が、国語の教師であり書家であり、中学校の校長先生も務めた
筋金入りの教育畑の人であったのだが、その祖父が私の物心つくころから、鼻を垂らしてヘラヘラ
しているこのアホな孫が、少しでも利口になればと膨大な数の絵本を贈ってくれたのが、その本好きの源であると思う。

ここ数年、郊外の土地を苗床に梅雨どきのキノコさながらにニョキニョキとその数を増やし続けている
「ブックオフ」。
あの黄色と青色の看板が視界に入るや、飛んで火に入る夏の虫が如く、ふらりふらりと無意識に立ち寄ってしまう。

好きな随筆家が本の中で薦めていた本が読みたくて、先日もふと立ち寄ったブックオフで、
その本を見つけようとしたのだが、何しろあの在庫数であるのと、あまり有名でもないマイナーな
本である上に、その本のジャンルもいまひとつ選別不明であったために、探せども探せども見つからない。

本屋が好きな方ならご経験がおありかと思うが、本屋にて必死に獲物を探せば探すほど、
何故か下腹部が催してくる。「必死で探す」という状態が生み出す一種の緊張状態が下腹部と密接に
関係しているらしいが、私の場合、本屋に目的を探して入るや否や間髪入れずに催すのだから、
全くもって露骨である。そして、あまりに単純である。

水戸黄門様をヒクヒクさせながら、妙な及び腰で懸命に30分ほど探すも見つからず、
しかたなく通りかかった店員のおねえさんに、「○○著の××はありますかね?」と訊いてみた。
こんなマイナーな本、まさかわかるまい・・・と、高を括っていたのだが、
おねえさんは一瞬キョトンとしたのち、漫画で例えるなら頭の上に裸電球が「ポンッ」と浮かんだ
ような表情を見せ、自信満々に「こちらにありますよ~」といざなってくれた。
「まさか・・・」と半ば訝しみながら付いてゆくと、おねえさんが迷いなく進んだ先には、
間違いなく私が探していたその本が、膨大な数の本に埋もれてポツンと一冊だけ・・・いた。

すごい・・・。ブックオフねえさん侮れず・・・。

おそらく陳列係であろうそのおねえさんは、目的の本をパソコンで検索して陳列棚を探したりする
のではなく、自分の並べたその本のありかを憶えていたのだ。

そのおねえさんのあまりに見事な仕事っぷりに、思わず「おねえさん・・・すごいですね!」
と言うと、おねえさん「いえいえ」とニッコリ笑って「見つかってよかったですね」と去っていった。

もしかしたら、暴れだしそうな水戸のご老公様を宥めすかしつつ、ヘコヘコと店内を本を探して
彷徨っていた私に気づいていたのかも知れない。おねえさんの「よかったですね」には、そんな
ニュアンスが含まれていたような気がする。
ただのヘンなジイ様かと思っていたのが、実は恐れ多くも先の副将軍だとわかったときの
村人その一みたいに「へへぇ~」と、侮っていたおねえさんに頭が下がる思いだった。

そして、その日も本屋を出ると私の下腹部は、印籠を格さんに出してもらって一件落着した
ご老公様みたいに、おとない好々爺に戻ったのだった。いったいなんなのだ。

冷たい春雨降りしきる屋根の下、ゆるりと晴耕雨読の午後である。

model yuuri
[PR]
by hideet-seesaw | 2011-04-19 16:20 | photograph


<< chocolate sylvan trumpeter >>