four seasons from the backyard garden
a0152148_21414886.jpg


BGM♪  Traumerei / Schumann 


我が家のトイレには換気扇がない。

よってトイレの窓は臭覚的衛生上、常に開け放たれている。
幸い、窓に面した土地は一軒の古ぼけた空き家の裏庭なので、私の美しくない催し姿を晒すことによる
通行人側の視覚的衛生面を汚すこともない。

最近テレビで知った全裸で就寝する健康法を、好奇心による仮採用中で、夜中に催したとき
全裸のまま入ると、窓が開け放たれたトイレは大層寒くて、なにかの罰ゲームのようで少々閉口だが。

そんな我が家のトイレ窓。座ると目線より少し上なのだが、その空き家の裏庭が良く見える。
雑草に覆われていて、春はまばゆい新緑に冬を越した虫達が踊り、夏は少年時代に駆け回った
野原のような草いきれ漂い、秋は色づく草木に過ぎた季節を偲ばせ、冬は薄鈍色の冷気に霜ついた
散り忘れのわくら葉に垂れる蓑虫を愛でる。

さびた三輪車や苔むした柿の木、埃をかぶった鍬や鋤、朽ちかけている物干し竿などが
あたかも枯山水が石の如く絶妙な位置に侘寂と散在し、四季折々の顔を見せるその隣家の裏庭を眺めつつ
用を足すひと時が、なんとなく好きだった。

先日、夜更けに帰宅して就寝し翌朝目覚めると、トイレと同じ方向に向いた寝室の窓がいつもより
明るいことに気づいた。

はてな、と思いつつ寝起きの厠に向かい、唖然とした。

我が愛する厠どきの借景が、関東ローム層の赤土むき出しの明るい更地になっていた。
前日の留守中に解体耕地されたものと思われる。

こう見えても、枕が替わるだけで寝つきの悪くなる少々神経質な性格であるが故に、
何もなくなった窓からの景色を眺めながらの催しは、なんとも落ち着かない。

なにより、空き家に隠れて見えなかったその向こうの住宅が丸見えである。
要するに、その住民からも私の一番情けない姿が丸見えということである。

こうなると、斜に構えて悪代官を一喝シャウトする、いつも威勢のよい私の水戸肛門様も怖気づき、
オチョボグチでボソボソと意味不明の愚痴を垂れる、ただのジイ様に成り下がってしまった。
これからは窓だって開け放してはおれまい。

私の大好きなあたたかい季節がやってくる。
よく晴れた春の日に、どこかの家から風に乗って聴こえてくる、
たどたどしいバイエルを弾くピアノの音をBGMに眺める裏庭は、もう消えてしまった。

誰の目にも無用の長物であったその古ぼけた空き家と裏庭が、一人の男の厠どきの慰めであったことを誰も知るまい。
更地にぽつねんと佇む、細い針金のような雨に打たれるショベルカーを眺めつつ、ひとつ白い溜息をついてみた。
[PR]
by hideet-seesaw | 2011-03-23 21:48 | photograph


<< sylvan trumpeter geeky Columbus >>