little whiskered man.
a0152148_20565465.jpg


BGM♪ Angie / The Rolling Stones


「馬鹿のひとつ覚え」の傾向な私である。

たとえば、初めてゆく中華料理屋で数あるメニューの中から、その日たまたま「レバニラ炒め」を
頼んだとする。それがものすごく美味しかったとする。

そうなると、もうその店では他のメニューを頼むという考えはなくなり、その店に赴く限り、
永遠と「レバニラ炒め」を頼み続けたりする。もし最初に頼んだのが「タンメン」で、それが美味かったなら、
私にとってのその店の定番はずーっと「タンメン」であっただろう。

私はそんなワンパターンなヤツである。

自ら己の世界を狭くしているようなこの傾向も、思いがけぬときに役に立つ(?)ことがある。

先日、ふとしたことで懐かしき「スーパーマリオ(初代)」をやるきっかけがあったのだが・・・
ものすごく久しぶりなので、どれだけプレイに手古摺るかと思いきや、なかなかどうして私の操る
あのヒゲチビオーバーオールの元気なオッサンは、人相の悪い栗のようなヤツを容赦なく踏み潰すは、
亀をビビらせて蹴飛ばすは、蹴飛ばしたその亀でヘルメットのようなヤツらを片っ端から撥ね飛ばすは、
ブロック塀をボッコボッコとブッ壊すわ、階段で亀を蹴飛ばしまくり自らの命を100倍まで増やすは、
デカいキノコを拾い食いしまくるは、落ちている金貨を拾得物横領しまくるは、口から火の玉を吐きまくるは・・・。
あれよあれよとクリアしてしまったではないか。

それにはワケがあった。ずばり「昔取った杵柄」である。

あれは小学校低学年のころ。当時爆発的に流行っていたのが初代「ファミコン」である。
ご多分に漏れず私も当時ノドから手も足も、なんなら頭や尻だって出してよいほど欲しかった。

が、私の父親はユーモラスでひょうきんで、フィールドに於いては、川にゆけば即席の釣竿で
ヤマメを釣ったり、山に入れば食用と毒のキノコを百発百中で見分けるし、うなぎを捕まえて蒲焼を
作ってくれたり、蜂の子やカエルの旨さを教えてくれたりと、アウトドアでは天下無敵の遊びの天才。
それこそ傍若無人なスーパーマリオの様なオヤジ様であったが、
こと、インドアで遊ぶ市販のゲームや玩具といったものに関しては、救いがたい程の謹厳居士な
磯野波平の様なオヤジであったが故に、「おとう。おら、ファミコンさ欲しいだよ・・・」
と言ったところで「そっだらもん、ウチにはいらん。目が悪ぐなる。頭も今より悪ぐなる。」
という鶴の一声で、私はファミコン一刀両断の憂き目に遭ってしまった。

今にして思えば、ハマると文字通りイノシシがごとく猪突猛進してしまう性格の私を慮って、
コイツはゲームの虜になってしまう・・・と心配したが故の「ウチではファミコンは買い与えません」宣言だったのだろう。
きっとあの頃の私にファミコンを与えていれば、間違いなく今頃は筋金入りのゲームオタクに
なっており、日がな一日バーチャルな世界の住人になってしまっていただろう。
父親の炯眼にただ脱帽するばかりである。

が、当時ファミコンのファの字も知らずに生活し、集ってファミコンをやろうと同級生たちが
ソフトを持ち寄って遊んだりするのに、持ち寄るソフトもなくプレイしても全然できない・・・なんて
友人たちから軽く村八分の待遇をされてしまった私を不憫に思ったのか、山梨に住む母方の祖父が、
山梨に遊びに来たとき限定で、祖父の買ったファミコンをやらせてくれたのだ。

言うまでもなく、明けても暮れてもファミコン三昧の甘い生活を求めて山梨まで中央線に乗り
足繁く赴いたものだった。ちなみにその祖父というのがハイカラな人で、自らもファミコンを楽しんでいたのだ。

そこで私がやったゲームというのが、件の「スーパーマリオ」であった。他にもいろいろソフトが
あったのだが、殆ど目もくれず、ずーーーっとスーパーマリオをやっていた。最後までクリアしても、
また最初からやり直す・・・という異常な反復行動を繰り返し、大袈裟でなく、それこそ目を瞑っていても
クリアできるのではないかという域まで達したのだった。そう・・・この頃から私は「馬鹿のひとつ覚え」
であったのだ。

そんなワケで、先日「超久しぶり」にやったスーパーマリオなのに、勝手に指が動き、
難なくクリアしてしまったという「昔撮った杵柄」なのだ。

それにしても・・・遊びに来ては、明けても暮れても「スーパーマリオ」のスタート&クリアを限りなく反復する
アホな孫を見て、祖父や祖母はきっと少し不安な気持ちになり、そして動物園の狭い檻の中で、
同じところを同じ動作でぐるぐる回る、見ていてちょっと痛いオオカミでも見たような気持ちになったことだろう。

体で覚えたことは忘れないというが、それを切実に実感した日であった。

model desperado
[PR]
by hideet-seesaw | 2011-02-18 00:25 | photograph


<< smile!smile! country hick >>