a smiley new year
a0152148_10425921.jpg


BGM♪ In the mood / Glenn Miller


みなさま、明けましておめでとうございます。
・・・この新年の挨拶、いったいいつまで言ってよいのやら・・・。

この正月、本家である私の実家では、親戚一同総出で賑々しく祝いの宴が催された。
世間は少子化の嵐であるが、こと高水家に至ってはここ数年、少子化なんてクソ喰らえてな
勢いの空前のベビーブームが到来しており、ただでさえたくさんいる同世代のイトコたちが
チビッコたちを引き連れてやってきてりして、その来場人数たるやものすげぇものでした。

私の血筋には、戦後の落語界に於いて一世を風靡し「爆笑王」の異名を取った故・三遊亭歌笑(3代目)
という落語家がおり、父方の親戚はもれなくこの血を引き継いでいる。
「自分が一番おもしろい」と思っている、葬式には適さず、結婚式に向いた人たちばかりなのである。
実際、葬式の湿っぽさに耐えかねて、どーしょもないギャグを飛ばしてしまい、周りの冷笑を買ってしまう者もいる。
かく言う私もとある葬儀で、軽くくだらないギャグを飛ばしてしまったことがある。
周りの人たちは一瞬、私につられて笑ってしまったが、すぐに場をわきまえて、あたふたと
「悲しいです・・・」という顔を取り繕う。私もそれを見て「いけね・・・葬式だった」と我に返るのであった。

そんな人たちが一堂に会する我が家の正月。笑声絶えぬ一日になったのは言うまでもない。

占星術だか風水だか陰陽道だか忘れたが、今年は「笑った者には福きたる」の年であるらしい。

もともと私はかなりの笑い上戸で、34歳になった現在、その目尻にはくっきりとブ厚い笑いジワが
刻まれてしまった。まぁ、これは我が高水家の血筋たる者の証みたいなもので、先に挙げた我が
一族には、少林寺拳法修行僧の額の灸痕が如くこれが刻まれている。

そこで思った。私は人の「笑顔」の写真を撮ることが、何を撮るよりも一番好きなので、
今年からこの「seesaw」とは別に、笑顔の写真満載のブログを書き始めようと。

書いて幸せ。見て幸せ。そんな笑顔のあふれるブログを、これから始めてまいります。
始めたら、このseesawブログに告知いたしますので、一瞥していただければ幸いと存じます。

本年も宜しくお願い致します。

model masahiro meisa
[PR]
by hideet-seesaw | 2011-01-11 10:48 | photograph


<< the water of fl... hypocrite >>