mumble incoherently
a0152148_18163934.jpg


BGM♪  un homme et une femme / Clementine


先月に引き続き、また風邪をひいてしまった。

私は生れつき「鼻中隔彎曲症」(びちゅうかくわんきょくしょう)という、鼻の骨が曲がって
しまっている体質を抱えていて、そのせいか鼻のみで呼吸をするのが少々困難なときが多く、
ついポカ~ンと口を開けて息をすることが多くなってしまう。

床屋で「お顔に失礼しま~す」と言われて蒸しタオルを鼻だけ開けて顔に掛けられると、
息が上手くできなくて、「ふごっ!ふごもごっ!!」と、大変苦しい。

「はい。お疲れ様でした~。タオルどかしますね~」「ふご・・・」

疲れたどころか、お花畑に川があるあの場所の一歩手前である。
変なところで見栄っ張りの意地っ張り、負けずギライな性分。やめてください!とも言わず、
ひたすら息をガマンしてたこともあった。なんの得にもならない損な性格である。
というか、バカである。

閑話休題。

口呼吸だと、風邪の菌が直接ノドを攻撃して風邪になりやすいらしい。

私がよく風邪をひくのは、きっとバイクにでも乗ってるとき、いつもヘラヘラと口を開けた
アホヅラでいるからであろう。

そんな今日、自分でテキトーに作った「中華風トリガラおじや・生姜入り風邪仕様」が
思いがけずとても美味しそうだったので、たまにはテレビの世界ふしぎ発見でも観ながら
野々村真と回答バトルでもしつつ、ゆるりと美味しいご飯の時間を過ごそうと思い、
おもむろにテレビのリモコンでスイッチを押したが、反応なし。

こんなとき、大抵の人は電池の消耗を疑い、リモコンに平手打ちや空手チョップ等の
打撃を与えてみるだろう。
電池消耗の黎明期なら、それでまた余裕でリモコンが効くようになる。一安心だ。

それでもダメならリモコン裏側の電池の蓋を開け、ぐりぐりと電池を指で回すだろう。
これが第二次電池消耗期(勝手に命名)。この段階で効けば、電池はまだ生きている。

最後に、空手チョップもぐりぐりも効かなくなり、ついにご臨終かと思われたリモコンの電池に、
死者に鞭打つかのように「これでもか!」と、左右の電池を入れ替えてみるだろう。
稀にこの技で「死せる孔明、生ける仲達を走らす」がごとく、リモコンが反応する。

生憎私のリモコン電池は先日、この最後の「死せる電池、生けるテレビを走らす」の必殺技を
お見舞いしたあとだったので、もういい加減ウンともスンとも反応してはくれなかった。

電池・・・「なぜかいつも買い忘れてしまう物選手権」があったら、ぶっちぎりで金メダル
なヤツではなかろうか。かく言う私も買い忘れてしまっていて、ただいまリモコンは
「すいっちがいっぱいついてるただのきかい」に成り下がりっている。

なんだか、なにが言いたいンだかワケのわからんこんな内容のない文章、
風邪っぴきのときの私の「支離滅裂っぷり」の備忘録と思って読み流していただけたら
幸いな、39度の熱の夜である。

それにしても・・・こんなに最後の最後まで使ってもらえる電池って、他にはないだろうなぁ・・・。

model shizu
[PR]
by hideet-seesaw | 2010-11-28 01:59 | photograph


<< a small gast nostalgic moon >>