in those good old days
a0152148_2354385.jpg


BGM♪ Vanessa Paladis / just as long as you are there


最近風呂にハマっている。家にある普通の風呂はもともとキライじゃないが、最近好きなのは
どの郊外の町にも一つはある「温泉施設」というヤツである。
近所から来たのであろうオジサマ達(私もその一人だが)に混じって、サウナに入って
みたり、ジェットバスでコリをホグしてみたり、手ぬぐいでまたぐらを「ぱしーん」として
みたり。

昨日も仕事のあと体から湧き出る汗垢加齢臭雑菌黴菌ヒデト菌などを払拭すべく、
一番近くの「湯楽の里」昭島店にのほほんと出没してみた。

心地よい湯煙のなか、ゆったりと首まで浸かっていると、小学一年生くらいと思しき
少年が湯船を漕ぎ漕ぎ私に近づいてきた。こういった大浴場では子供が縦横無尽に
すい~すい~と湯船で遊ぶのは、ままあることであるので、特に気にせず「ばばんばばんばんばん
はぁ~びばのんの」と浸かっていた。

と、その少年、湯船に伸ばした私の足に背中を向けて乗ると、やおら私の胸に寄りかかってきた。
んん?人恋しい少年なのか?子供の動きはしばし予測不能なものなので、なすがままに
しばらくじっとして放っておいた。すると「ねぇパパ。あとでアクエリアス飲みたいな~」
って言う。ははぁ・・・私をパパと間違えたか少年。面白いのでこう答えてみた。

「100数えたら出ようね」

案の定、はっ!っと振り向き私の顔を認めるや否や、驚いたハニワ顔で潜水艦から発射された
魚雷よろしく湯船をスッ飛んでゆき、コケつまろびつ父を探して消えていった。

横で見ていて事情を察したおじさんが、あっはっは!と風呂中に響く笑い声をあげた。

そう・・・気になるのがその子の父親のツラである。出しなに浴場をぐるりと探してみれば、
仲良く親子して流しで体を洗っていた。そのパパさん・・・なんとなく俺に似てる・・気がした。

かく言う私も、幼き頃母に連れられて行ったデパートで、母と間違え知らない女性に話しかけ
ながらついて行ってしまったことがある。何日かは思い出しては悶えるほど恥ずかしかった
記憶がある。

さて・・・私が本当の父親となれる日はいつのことやら・・・。

photo fussa "Galapago"
[PR]
by hideet-seesaw | 2010-07-02 00:17


<< like golgo13 waiting time ... >>